1億2,700万人を超える高齢化人口を抱える日本の医薬品市場は、約800億ドル規模に

2011年~2012年の期間で、アイコン・ジャパンはアジア・パシフィック地域において29%以上の試験を実施し、507以上の施設で501の臨床試験を実施しました。
 

適切なパートナーの選択

臨床試験実施においては特有のハードルがあり、最初のステップは、専門知識および能力、経験を持つ適切なパートナーとのパートナーシップを構築することであることは広く認識されています。   

 

臨床および規制に関する専門知識

当社のエキスパートは、臨床開発プログラムにおいて、製薬企業およびバイオ医薬品企業、医療機器メーカーの大規模なグローバル案件から小規模治験を支援する豊富な経験を持っています。特にオンコロジー領域および中枢神経系領域、感染症領域における深い治療経験を有しています。また、規制当局との良好な関係や実施医療機関との強固なネットワークによって、プロジェクトを成功に導きます。

 

幅広いサービス 

アイコンは世界規模およびアジア太平洋地域、日本国内での試験をサポートするためのフルレンジの臨床開発サービスを提供します。また、各国ごとに拠点を置くプロジェクト管理機能と法規制に関する専門知識をもとに、サイクルタイムとデータの質に改善をもたらすインサイト、イノベーション、そしてパフォーマンスを提供します。  

 

サービスオプション

安全性とモニタリング

臨床治験(フェーズII - III)

治験開始業務と薬事業務

メディカルライティング

法規制および戦略コンサルティング

市販後・アウトカム

戦略的なリソース調達と派遣・FSPサービス
 

豊富な経験と継続的な成長

アイコン・ジャパンは1995年に設立。東京・大阪にオフィスを持ち、日本でのプレゼンスを高めながら成長し続けています。